世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。ここ沖縄においても緊急事態宣言の発令以降、状況が刻々と変化しています。

今回は、お部屋でできる換気&消毒について紹介します。このような時期だからこそ十分な対策をしておいて損はないでしょう。

◆まずは何よりも3密を避ける行動から

ニュースでも聞かない日はないというほど「3密」という言葉が発せられています。改めて3密とは、密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、密集場所(多くの人が密集している)、密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)のことです。この3つの条件が同時に重なる場は避けてください。

◆外から部屋に戻ってできることは?

お金をかけずにシンプルで効果的な方法は換気で、窓を開けることです。改正建築基準法により、2003年7月以降の新築物件では、シックハウス症候群の予防のため24時間換気が義務付けられています。

ただ、それだけで十分ではありません。建築基準法における24時間換気システムは、「1時間で部屋全体の空気の半分以上が入れ換わっていることが必要である」と定めています。

しかし、それだけでは十分な換気とは言えず、法改正以前の物件ではさらに難しいと言えるでしょう。そこでやはり、小まめに窓を開けて室内の空気を入れ替えることが大切なのです。

では、「小まめ」とは回数でいうとどれほどでしょうか?日本建築学会や空気調和・衛生工学会では、換気の回数についてこう述べています。

「よく間違えられるのが、換気回数という用語です。換気回数 2 回/時は1時間に2度窓を開けることと誤解されていることがあります。換気回数とは1時間に部屋に入る外気量(立米)を室容積(立米)で割ったものです。換気回数は室内の空気の入れ替わりのスピードを表す指標です。つまり換気回数が大きいほど、汚れた室内の空気を外気で希釈し、速く入れ替えることができます。」

ですので、1日何回という基準は無く、お部屋の広さによって異なることを認識しておきましょう。

さらには、

  • ・通常の家庭用エアコンやパッケージエアコンは空気を循環させるだけで、換気を行っていない
  • ・エアコンを ON にしたから大丈夫という訳ではない
  • ・エアコンだけの部屋では窓開け換気や設置されている場合には換気システムの運転を推奨
  • ・空気清浄機は部屋全体に対して新型コロナウイルス対策に充分効果があるかどうかは不明

とも記されています。換気に関しましてはウイルス対策に限らず、これから始まる梅雨の季節にも大いに役立つでしょう。

参考データ:換気 – 日本建築学会

◆窓を開けさえすればすべてが解決するわけではありません

換気も大切ですが、手洗い、うがい、マスクなどももちろん必要です。厚生労働省では、コロナウイルスは「手から口や鼻」という経路で感染するとしています。では、お部屋の中で感染リスクの高い場所(手指がよく触れる場所)を消毒することから始めましょう。

【主な消毒場所一覧】

居間・食事部屋

ドアノブ、窓の取手、照明のスイッチ、ソファー、テーブル、椅子、電話機、コンピューターのキーボードとマウス、小児玩具、壁、床等

台所・トイレ等

水道の蛇口、シャワーヘッド、洗面器、ドアノブ、窓の取手、照明スイッチ、浴槽、 排水溝、水洗便器と流水レバー、便座とフタ、汚物入れ、壁、床等

衣類・寝具

通常の洗濯機で問題ないと言われていますが、気になる場合には、熱湯消毒(80℃、10分以上)してから洗濯機にかけます

その他

お部屋の外にはなりますが、エレベーターも注意したいポイントです。まず、密閉、密集、密接の条件が重なる空間でもあります。乗り合わせた人の飛沫、さらには各ボタンは不特定多数の人が触れる箇所でもあり、消毒されているかどうかも分かりません。

※ウイルスの残存期間は、現時点では不明とされています。

◆まとめ

このように、お部屋の中でできるシンプルかつ効果的な方法を紹介させていただきました。ワクワク新生活の時期ですが、それは健康あってのものです。まずは、一人ひとりができることから始めましょう。

参考サイト:首相官邸厚生労働省