不動産業者などから物件を購入するときは、かならず「重要事項説明」が行われます。弊社でも同じく、契約の段階で重要事項の説明を行います。

とはいえ、「どのような内容が説明されるのかあらかじめ知っておきたい」という人もいるでしょう。

この記事では、物件購入における重要事項説明とはなにか、その内容について概要をご紹介します。

物件契約時は重要事項説明が行われる

弊社をはじめ、不動産業者を通して物件を契約するときは、重要事項説明が行われます。重要事項説明とは、「物件に関する事項」と「取引条件に関する事項」の2つを指し、自分が購入しようとしている物件と契約内容が相違ないか、物件情報との違いがないかを確認する作業です。

賃貸・管理委託契約も重要事項が説明される

物件の購入時だけでなく、賃貸契約や管理委託契約時も重要事項について説明する必要があります。これは宅地建物取引業法によって定められているため、不動産業者と契約者(購入者)双方でかならず執り行われるものです。

いずれの重要事項も、専門の資格を持つ宅地建物取引士によって進められます。

重要事項説明では何が説明される?

物件の購入時にかならず説明される重要事項説明ですが、「あらかじめどのようなことが説明されるのか把握しておきたい」という方もいるでしょう。重要事項における説明内容について簡単にご紹介します。

対象物件の相違がないか

対象物件とは、購入する物件のこと。物件の所在地が明確か、パンフレットやWebの情報で事前の説明されている内容と間違いがないかを確認します。実際の間取りや構造、築年数に誤りがないかどうかを確認する説明です。

また、権利関係の対象物件でないかも確認します。抵当権の対象物件だった場合は、権利抹消に関連する契約書の記載作業も必要です。

法令上の制限がないか

法令上の制限とは、物件の高さや面積に基づく制限事項のこと。物件ではなく土地を購入した場合は、「その土地でどのような建物を建てられるのか」を細かく説明します。また、すでに物件が建っている場合は、増改築などの制限や負担費用の範囲といった重要事項を説明します。

土地や道路の関係について

一般的な土地とは違って、特殊な物件は土地の一部が道路になっているケースがあります。そのようなことについて事前に説明を行うほか、私道だった場合はどの程度の負担費用が発生するのか明確化して説明します。

インフラなどの整備について

水道、電気、ガスなどのインフラ整備について、どこまで導入されているのか整備・未整備を説明します。重要事項説明の場では、未整備だった場合に工事費をどこまで負担するのかなども解説します。

現在の物件の状態について

物件を購入するとき、その建物が現状どのような状態にあるのかを解説します。具体的には、建築物を以前修繕したことがあるか、どの箇所か、また雨漏りなど建物としての瑕疵があるかどうかを解説します。

ほかにも、建物自体の状態として傾斜や道路から玄関口までの高さ、排水設備の状態など、劣化具合を含む建物の確認を行います。

支払い等の契約条件について

物件購入に関する支払いについて、契約条件を明確化します。具体的には、手付金はいくらか、固定資産税等清算金はいくらか、物件の購入費以外で必要になる経費があるかどうかです。

また、約定から引渡しにおいて、もし引き渡しができなかったときの保全措置も契約します。手付金の支払いを返還する条件や手順についても解説するため、適切な契約条件の確認を含む支払い等の重要事項説明は重要です。

契約解除に伴う条件について

万が一、なんらかの瑕疵や契約不履行、諸般の事情などによって契約解除を申し出たい場合、どのような場合に契約を解除できるのか、手続きや解除にまつわる支払い関連を説明します。

契約の違反に伴う損害賠償金や違約金についても、どの程度の支払いが発生するのかを確認します。

物件取引における重要事項説明は法律で定められた義務

物件取引の重要事項説明では、購入・賃貸などをはじめ健全な宅地建物取引を行うために法律で定められたものです。説明は専門の資格を持つ宅地建物取引士によって行われ、建物の状況から支払い、契約・解約まで幅広い重要事項を確認します。

「物件を購入したら考えていたのと違う!」といったトラブルを起こさないため、てだこ那覇支店では綿密な打ち合わせと重要事項の説明を行っているため、ご納得いただけた条件で契約を進めさせていただきます。

両者つつがなく取引を無事に終えられるよう、宅地建物取引業法に則った契約書の交付も行いますので、重要事項の説明では「聞いていない」が起こらないよう、不明点はすべてお気軽にご質問ください。