近年では多くの物件でフローリングが採用されており、間取りの広い建物以外では和室の畳部屋を一切なくし、洋室タイプを採用する物件も存在します。畳に比べるとフローリングは手入れも楽なものの、一切手入れをしなければ汚れが溜まってしまうのは避けられません。

この記事では、フローリングを綺麗に保つためのお手入れのコツと注意点について解説します。

フローリングが汚れやすい原因

畳などに比べると比較的お手入れが楽なフローリングですが、そんなフローリングも何かしらの影響で汚れてしまいます。フローリングが汚れてしまう代表的な原因は以下のとおりです。

  • ・ゴミやホコリが積み重なる
  • ・飲み水などをこぼす
  • ・足裏の皮脂がつく
  • ・ペットの糞尿
  • ・多湿な地域はカビにも注意

フローリングの多くは簡単な乾拭きや掃除機を使って清掃できますが、色が変色するほどの汚れは正しい清掃をする必要があります。フローリングの手入れには、素材に応じた適切な対応が必要です。

フローリングの素材でお手入れ方法が変わる

フローリングには、主に2種類の床材があり、それぞれによってメンテナンスや手入れの仕方が異なります。お掃除を開始する前に自身の足元にあるフローリングの素材についてチェックしておきましょう。

単層フローリング

単層フローリングは無垢材とも呼ばれ、木が持つ暖かさや素材の柔らかさをそのまま引き出す素材です。調湿機能も高いなどメリットがある一方で、天然素材を利用するためその性質にバラツキが存在します。

なかでも、単層フローリングは表面にコーティングを行わないタイプもあり、傷や汚れがつきやすいです。そんな単層フローリングに「水をまいて雑巾で掃除」といった手入れをしていると、中まで染み込んで素材が傷つきやすいため注意しましょう。

単層フローリングの場合は、乾拭き・掃除機程度で掃除をして、年に1回ほどのペースでオイル塗装による手入れがおすすめです。

複合フローリング

複合フローリングは複数の素材を組み合わせた素材で、多くの物件で採用されています。合板を何枚かの木材と貼り合わせ、表面に加工した化粧板を貼り合わせたタイプです。表面にコーティング剤をつけていることが多く、水拭きやちょっとしたクリーナー掃除もできます。

定期的な表面掃除にも耐えられるため、雑巾による水拭きなどもおすすめです。ただし、水が床に浸透しないよう、しっかりと固く絞った雑巾で拭き掃除することを忘れないようにしましょう。

フローリングを綺麗に保つためのコツ

フローリングの掃除自体は、掃除機やモップなどを使った乾拭き掃除がおすすめです。そのうえで、フローリングを綺麗に保つには、ワックスやオイルがけが役立ちます。

たとえば、オイル塗装のフローリングは住んでいるうちに徐々にすり減ってしまうため、年に1度はメーカー推奨のオイル塗料で上塗りすることがベストです。

そのほかに、フローリングの状態に応じてワックスがけをするのをおすすめします。

フローリングを綺麗に保つならワックスがけを

フローリングの掃除方法はお手軽ですが、そのうえでお手入れとして半年~1年の間に一度はワックスがけをしておきましょう。ワックスがけをすれば、汚れがつきにくくなり、艶出しもできるなどフローリングを綺麗に保ちやすくなります。

ワックスがけの手順

まず、モップや掃除機といった乾拭きによってフローリング表面の汚れを掃除します。必要に応じて少しの水拭きなども行いましょう。その後、ワックス取りの薬剤を使ってフローリング上に残っているワックスを剥がします。

最後に、フローリング全体に薄く均一に塗るよう、ムラをなくして専用のワックスがけをしていきます。中には、ワックスシートといって掃除用ワイパーにつけられるタイプも存在します。お手軽なため、フローリングの手入れを手軽に済ませたい方はそちらもチェックしておきましょう。

あとは、換気によってワックスが馴染むのを待つだけです。使用するワックスの使用説明書に沿ってワックスがけをするだけですので、フローリングの素材やワックスの説明文をしっかりと確認することをおすすめします。

フローリングは定期的にお手入れをしよう

フローリングは畳と違って、掃除機やモップなどの乾拭きで簡単にお手入れできます。そのうえで、汚れや傷がつきにくいよう、定期的なワックス・オイルがけをしてみるのもポイントです。手入れを怠らなければ、汚れが蓄積しにくくフローリングの手入れも簡単になります。

ただし、手入れの方法を誤ってしまうとワックスやオイルが剥がれたり、逆に傷つけたりすることも。フローリングの床材をしっかりと確認して、それに合ったワックスやオイルを選ぶよう気をつけましょう。