子育て世代が家族で住む家を探す際、なるべく間取りの広い物件を探すと思います。賃貸はマンションやアパートが主流ですが、最近では戸建賃貸物件の人気が高まると同時に数も少しずつ増えてきています。

実際に戸建賃貸物件を検討する際に知っておきたいメリットとデメリット、更には老後の住まいとしての戸建賃貸物件の魅力についても見ていきましょう。

◆戸建賃貸物件に住むメリット

マンションやアパートなどの集合住宅と比較し、戸建賃貸物件に住むメリットは何といっても「間取りの広さや部屋数の多さ」でしょう。子育て世代にとっては大きな魅力です。ですが、戸建賃貸物件に住むメリットはそれだけではありません。アパートやマンションでは騒音などに気を使いますが、戸建賃貸物件ではそれほど神経質にならなくて良いこともメリットの1つです。たとえば子供が元気よく遊んでいたとしても、上下左右に人が住んでいる集合住宅ほど周りを気にすることはありません。また、庭でのガーデニングやバーベキューなど、まるでマイホームのような暮らしが可能となります。

マイホームとして戸建を新築するには莫大な費用がかかりますが、戸建賃貸物件ですと家賃に加え、敷金、礼金をはじめとした費用のみですので、新築よりもかなり安く抑えることができる上、集合住宅で発生する管理費が不要となるなどのメリットもあります。将来的に戸建を新築したい方にとっては、その前段階として戸建賃貸物件に住み、そのメリット・デメリットを事前に感じることができることも有意義な選択と言えます。

◆老後の住まいとしての戸建賃貸物件の魅力

ここまでは子育て世代にとってのメリットを見てきましたが、最近では老後の住まいとして戸建賃貸物件を検討される方が少なくないことをご存知でしょうか?前述の通り集合住宅と比較した際、騒音面での心配が軽減されますので、静かな生活環境を手に入れられることは大きなメリットです。

また、子供が独立し夫婦2人きりとなった生活にペットを迎えることで、生活に更なる潤いを与えてくれるかもしれません。ペット飼育可の集合住宅もありますが、その自由度は戸建賃貸物件の方が高いと言えます。

庭でのガーデニングや家庭菜園で土に触れながら生活できることも、老後世代の方々にとってメリットと考えられます。集合住宅と比較して、近所付き合いや自治会との関わりが密接であることにメリットを感じる方もいます。老後の生活において地域コミュニティがあることは、大きな安心感に繋がります。

戸建は階段や段差があり高齢者が住むのに相応しくないとの意見もありますが、物件内見の時に高齢者の目で物件を見ることにより、段差が比較的少ない物件かどうかや階段・トイレ・浴室などに手すりが設置されているかなど、高齢者目線で戸建賃貸物件を選ぶことにより、そのデメリットは軽減されます。夫婦2人きりの場合でそれほど部屋数が必要ないケースでは、階段のない平屋建てを選ぶなどの選択もできます。

◆戸建賃貸物件に住むデメリット

デメリットを挙げるのであれば、戸建賃貸物件は管理費が発生しない反面、部屋の中だけではなく庭の清掃や管理も自身で行わなくてはいけないことです。集合住宅の場合、共用部分で発生した故障や不具合は管理会社などに対応を任せることもできますが、戸建賃貸物件の場合は、部屋内や庭に関わらず、家主と相談の上で対応方法や費用負担を決める必要があります。

また、セキュリティ面も考えなくてはなりません。戸建賃貸物件は集合住宅と比べると侵入経路が多くなりますので、戸締りには気を付けたいところです。防犯に関して不安のある方はセキュリティ会社と契約することもありますが、費用がかかってしまいます。

戸建賃貸物件によっては公共交通機関へのアクセスが悪く、車や自転車が必須となる可能性もあります。ご自身やご家族の生活動線を考え、どのような生活になるのかを検討した上で家探しをすることをお勧めいたします。

◆まとめ

ここまで見てきました通り、マイホームを戸建にするかマンションにするかの論争と同じく、賃貸物件でもその比較は存在します。子育て世代だけではなく、高齢者の方々にも魅力的な戸建賃貸物件ですが、その数は集合住宅に比べて圧倒的に少なく、条件の良い物件はすぐに埋まってしまいます。戸建賃貸物件を検討されている方、当記事を読んで戸建賃貸物件に興味を持たれた方は、弊社てだこ那覇支店にご相談ください。