多くの人が物件を探すうえで重要と考えるのは、立地、家賃、広さ(間取り)ではないでしょうか。立地と家賃はすぐに理解できても間取りに関しては曖昧なイメージのまま捉えているケースも少なくありません。今回は物件の間取り表記に多く使用されるDKとLDKについてご説明いたします。

◆用語の意味

それぞれの名称はDK:ダイニング・キッチン、LDK:リビング・ダイニング・キッチンと呼ばれます。多くの人はDKとLDKを比べるとLDKが広いと答えると思いますし、その認識でおおよそ合っています。

DK・LDKはともに最低限の広さが不動産公正取引協議会連合会によって下記のように定められています。

・ダイニング・キッチン(DK) 台所と食堂の機能が1室に併存している部屋をいい、住宅の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するものをいう。

・リビング・ダイニング・キッチン(LDK) 居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋をいい、住宅の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するものをいう。

簡単にまとめますと、ダイニング・キッチン(DK)は台所と食事をするスペースが1つの部屋になっており、リビング・ダイニング・キッチン(LDK)はDKに居間が加わります。

そして、それぞれには最低限の広さの目安が次のように定められています。

居室1部屋 DK:4.5畳/LDK:8畳

居室2部屋以上 DK:6畳/LDK:10畳

キッチンの広さが4.5畳以上、8畳未満であればダイニング・キッチン(DK)であり、8畳以上、10畳未満であればリビング・ダイニング・キッチン(LDK)と表記されます。4.5畳未満の場合は「K」と表示されます。

より詳しい内容は不動産公正取引協議会連合会の資料をご確認ください。

注意点としては表記には設備が含まれていません。ですので、オープンキッチンやアイランドキッチンなど豪華な設備のあるDK、逆に、ごく普通のキッチンのLDKなど物件によって様々です。

◆2DKのメリット

場合によって異なりますが、前述のとおり、基本的にはDKはLDKに比べて間取りが小さいため家賃が安くなっていることが多く、ある程度の広さを持った1DKでお得に探すという考え方も良いでしょう。では、1LDKと2DKで迷った時には何を基準に選ぶと良いのでしょうか?それには自分自身の生活スタイルを思い浮かべてみると良いでしょう。

例えば、ゆったりくつろげる空間としてのリビングと、料理や食事をするキッチンを分けたいという場合は2DKがオススメです。

また、来客時に宿泊する場合には1LDKと違い、寝室(個室)が確保できるため、お互いのプライバシーを尊重しやすいこともメリットとも言えます。

◆1LDKのメリット

メインとなるくつろぎためのリビングとキッチンが一つの空間にあるので、何よりも広々と開放感のあるお部屋になります。広々とした空間は、家具や家電、趣味の物を置いたりする際にとても自由度も高く、想像していたオシャレな部屋づくりがしやすい間取りと言えるでしょう。

また、ファミリーで住むことをお考えの際、例えば対面式のキッチンであれば小さなお子さまから目を離さずにキッチン作業ができます。独立したキッチンではないことが安全面にも、移動の楽さからもメリットと思われる方も多いようです。

◆「DK」「LDK」という文字だけでなく生活スタイルを重視!

2DKと1LDK、あなたの生活スタイルにとってどちらが合っているでしょうか?1LDKの方がなんとなく「いい部屋っぽい」というイメージを持たれている方も多かったのではないしょうか。

例えば、小さな子供のいる3人家族の場合には、DKで部屋を別けてしまうより、目の届く範囲が広いリビングで家族との暖かい時間を過ごしやすいLDK、という選択肢も良いのではないでしょうか。

冒頭に記載しているルールがあるとはいえ、全てが同じ広さ、同じ形と言うことは無いのがお部屋探しの難しいところです。一日の大切な時間を過ごすお部屋ですからしっかりあなたの目で見て、「ここはこんなものが置けるかも?」「ここならこれがしっくりくる」といった理想も大切な決め手となるでしょう。

お部屋選びに迷ったときは、お気軽に弊社スタッフまでお問合せください。そのお部屋の特徴や見落としがちな便利さ、不便さなどをはじめ、内覧でのご説明まで、あなたに新生活を応援させていだきます!